“デザインとは情報を整理し、問題解決すること”

わたしの仕事

描くことがデザインではない

グラフィックからパッケージ、WEB、会社全体まで多岐に渡る分野でデザインをしています。デザインと言えば、ビジュアルを表現する事と思われがちですが、それだけではありません。例えば、企業理念やブランドコンセプトの構築を行うこともデザインのひとつです。つまり、デザインとは問題を解決すること。お客様の期待に応えるためにも、常に問題意識を持ちアンテナを張り続けることを意識しています。

アイディーエイを選んだわけ

点ではなく面でデザインできる

私の就職活動でのポイントは「デザイナーとして、商品や会社をまるごとデザインできる」ことでした。ブランディングという概念がまだまだ浅い世の中なので、パッケージ単品、広告単品など点でデザインする会社は多々ありました。しかし、商品や会社がどうなりたいかというビジョンまでを線や面としてデザインする会社はほとんどありません。そんな中でアイディーエイに出会い、自分が求めていた会社はこれだと思いました。入社して感じるのはその直感は大正解で、それ以上の仕事ができる会社でした。

私の失敗談

ゴールを見据え、考える

1年目の冬になかなかデザインを仕上げることができないプロジェクトがありました。描いても描いても、ディレクターの納得いくデザインにはならず、何度も修正を繰り返しました。気づくと3日連続徹夜する中で、先輩にも徹夜を付き合わせてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。振り返ると、ゴールも見えない中、ただがむしゃらに描き続けていたと思います。もちろんがむしゃらに頑張る事も大事ですが、しっかりと考える事の大切さに気づきました。

まるごとデザインしたエピソード

BIからパッケージ、WEBなど全てをデザイン

1年目の春から関っている、キャラクターを使用した商品ブランディングのプロジェクトです。ブランドを構築する部分から、BI、パッケージ、店頭ツールなどのビジュアルや戦略などメインデザイナーとして関わりました。その中でもパッケージのリニューアルは商品が約50種類にも及びました。商品にしっかりとした特長があるにも関わらず、その特長自体が細かく分かりづらいということもあり、らしさをいかに伝えるかということに、日々苦悩して創り上げました。

  • コンセプト
  • 会社概要
  • アクセス

Facebookページ