“自分のデザインが、知らない誰かの心を動かす。”

わたしの仕事

「デザインを描く」仕事だけじゃないから、
難しくて、楽しい。

デザインを描くことが主な仕事ではありますが、任されている担当クライアントへは、提案のプレゼンテーションや直接のやりとりはもちろん、見積書の作成などの担当の仕事に不可欠な営業的な業務もしています。入社する前になんとなく持っていた「デザイナーは、PCの前でずっとデザインしている」というイメージが覆りました。苦戦することもありますが、クライアントからの直接の想いや商品を取り巻く環境など、さまざまな面を知った上でデザインができるのはとても勉強になります。

アイディーエイを選んだわけ

少数精鋭の一員として拡がる可能性

お客様の未来をつくり、可能性を拡げることを考えてデザインを作り出すこと。その中にある多岐にわたる仕事内容に、とても魅力を感じました。幅広い仕事があるということは、たくさんのことに挑戦できるということです。大変だろうけれど、とっても面白そうだなと。説明会での先輩方の人柄も素敵で、もう「ここしかない!!」と感じて、この少数精鋭のプロの中で、お客様の、そして自分の可能性も拡げていきたいと思ったのです。

私の失敗談

創る物だけでなく、その先にいる人の存在を想い描く

入社した最初の頃、デザインの仕事がどうしても作業になってしまいがちでした。ただ、言われたことの反映しかできず、指摘を受けて変えるだけ。そんな時先輩に言われた「今村さんはオペレーターになりたいんじゃないよね?」の一言が、ぐさっと胸に刺さりました。その状況を脱せた理由の一つは、創る物のその先にいるお客様の存在でした。「これをしたらきっと喜んでもらえる!」といった気持ちがあるだけで、新たなアイデアや提案など、プラスの気遣いあるデザインができるようになったのです。まだまだデザインの奥深さに悩むことも多いですが、その気持ちはいつも忘れないようにしています。

まるごとデザインしたエピソード

デザインが人の笑顔も生み出す

新ブランドの商品パッケージに関わり、そのご縁でさらにその商品のイベント出展をする際の展示スペースをほぼ丸ごとデザインさせていただく機会がありました。数万人が訪れるイベント。自分が中心を担うプロジェクトは楽しくも緊張感が途切れませんでした。紆余曲折ありましたが、なんとか納品し迎えた当日。イベントは遠方だったので伺えなかったのですが、インスタグラムで検索をかけると、たくさんの来場者の方の笑顔が。クライアントの嬉しそうな表情も見られ、胸がいっぱいになって思わず泣いてしまいました。その笑顔の理由に、ほんの少しでも私の仕事が関わっているならこれ以上幸せなことはない、と思ったのです。

  • コンセプト
  • 会社概要
  • アクセス

Facebookページ