“ デザインの力で人を感動させること ”

わたしの仕事

様々なジャンルのデザインで、様々な視点で考えていく

商品のグラフィックから、専門店のパッケージのイラストレーション、Web、ブランディングや海外の案件のパッケージまで、様々なジャンルのデザインに携わっています。学校では自分のスタイルでデザインすることが多かったのですが、入社していろんな分野のデザインができ、充実した時間を過ごしています。ただ「可愛い」や「カッコイイ」というデザインをつくることではなく、お客様が抱えている問題をしっかり意識しながら、デザインで解決していくことが毎日の仕事だと思います。

アイディーエイを選んだわけ

ただデザイン作りだけではなく、しっかり問題を解決する力がある


日本で就職活動をした時に、たくさんのデザイン会社を幅広くみてきました。その中で、アイディーエイはデザインだけではなくお客様を思っていること、またマーケティング面もしっかり考える会社というイメージが強く、とても魅力を感じました。そして、シンガポールに提携会社もあり、海外の仕事にも携われるのではないかと思いました。説明会での成果_事例や先輩方の人柄が素敵で、「正にこんな会社に入りたい」と思うようになり、入社を決めました。  

私の失敗談

何事も、丁寧に

入社して最初の頃、デザイン修正が多い中、先輩が描いたデザインを形にするお仕事がありました。その時は言われたことや指摘されたことができたら先輩に見せようという考えでしたが、「ただ言われたことだけ終わらせるんじゃなくて、丁寧に一つひとつを考えてつくる」という先輩の言葉で目が覚めました。それ以来、できる限りどんなお仕事においても丁寧にデザインを考え、細かいところまで制作することに心がけています。

まるごとデザインしたエピソード

お客様の手に届くことという喜び

1年目の春の岡山研修の際に様々な専門店のお仕事に携わらせていただき、幅広い提案ができることが楽しいと感じたので、先輩に「ぜひ専門店に関わるデザインをしたい」と発信していました。嬉しいことに、東京にある専門店のパッケージのメインイラストを提案させていただくことになりました。お正月限定のデザインだったので、日本の伝統色について先輩に相談しながら進めていきました。他にもブランドイメージと、どんな特長を一番目立たせたいのかを常に意識し、最後までやり遂げることができました。発売された後に、店頭での売れ行きも好評だったことを聞き、感動しました。こういう風に、携わったデザインが実際にお客様の手に届くこの仕事にとてもやりがいを感じています。

  • コンセプト
  • 会社概要
  • アクセス

Facebookページ