“楽しいからやってるんです。”

わたしの仕事

視野を広く持ち、アウトプットの循環を良くする

岡山本社勤務時はデザインを描いている時間の方が長かったのですが、東京に異動してからはディレクターとしてプロジェクト全体を動かす時間も増え、仕事の幅が広がりました。クライアントと打ち合わせをし、問題解決へ向けどんな提案をするべきか考え、ビジュアル作成から入稿まで。パッケージ単体だけでなく、ブランディングの案件も増えています。視野を広く持ち、自分の中に様々な情報を吸収し、アウトプットする。その循環を良くする事が、すごく重要だと感じています。

アイディーエイを選んだわけ

女性が活躍している会社で、
自分の将来像を描きやすかった

当時の私は、今思えば業界の事もよく分かっておらず、直感で良いなと思った会社の面接を受けていたので、何かご縁があったんだと思いますが。(笑)とことんものづくりができそうな環境だなと思ったことと、女性が活躍している会社で、自分の将来像を描きやすかったこと、先輩社員が是非一緒に働きましょう!と後押ししてくれたこともあって決めました。

私の失敗談

打ち合わせの後、鏡を見ると…

ある日のお昼あけ、お客様と打ち合わせでの失敗。1時間近く熱い打ち合わせを終え、ふと寄った駅のトイレで自分の顔を見ると、歯の隙間に、お昼に食べた緑色のネギが挟まっていることに気づきました。この顔で私はあんなに真面目な打ち合わせをしていたのかと…あんなにも熱く語っていたのかと…!それ以来、打ち合わせ前の鏡チェックは欠かさないようにしています。

まるごとデザインしたエピソード

会社の“夢”をデザイン!

BtoB (企業間取引)で実績のある会社から、自社ブランディングのご依頼を頂きました。50周年を迎え、BtoC (個人向け取引)へ挑戦するとき、自分たちがどうありたいか、どんな会社にしていきたいかを社員から引き出し、形にして欲しい。そのために、何度も何度もディスカッションを重ねながら、まずは「夢」を描き、それをどう具現化していくかを一緒に考えていきました。自社のブランド・商品を、どこで、誰に、どんなイメージで伝えたいか?地元で愛される会社とは?5年後、10年後の自分たちの姿は?・・・まさに会社を丸ごとデザイン、進行中です!社員の方々の意志で、会社が変わろうとしている姿を目の当たりにし、私たちはそれをしっかりと見える化しなきゃ、と日々奮闘中です。

  • コンセプト
  • 会社概要
  • アクセス

Facebookページ